何も伝えられなかった僕らにとって。宇多田ヒカル「Fantôme」に寄せて

店頭でCDを手に取った瞬間、その物理的な重さに驚いた。歌詞カードが分厚くケースがしっかりしている。先行配信されていた3曲から、きっと内容についても重い作品になるのだろうなと思っていた。 絞られた音数、らしさを感じるメロディのリズム構成、そして…

ポルカドットスティングレイの初ワンマンを観てきた(10/15)

10月15日、福岡のインディーズバンド「ポルカドットスティングレイ」が、東京で初のワンマンライブ「ポルフェス02 教祖爆誕ワンマン」を行なった。ギターヴォーカルで「教祖」である、雫さん24歳の誕生日に。舞台となった「新宿レッドクロス」は、老舗の中華…

夜が膨らむ

大学生の頃、よくパンを焼いた。始めたきっかけはよく覚えていないけれど、初めて焼いたパンのことはなんとなく覚えている。インターネットで知り合ったレシピ様の忠実かつ集中力のない下僕として言われるままに作業してみると、思いのほかしっかりとした美…

楕円の夢を眺めて、踊りながら帰る

帰り支度をして、外に出たらすっかりと秋だった。薄着で来てしまったなと少しだけ悲しいふりをしたものの、細胞のひとつひとつがはしゃいでいるのが解る。大好きな温度でじっとしていられなくなる。夏の葬儀がずっと続いているような、淋しくて華やかなお祭…

長い坂の絵のフレーム

帰りの電車は時間帯のせいか空いていて、誰もぶら下がっていない吊り革たちが一斉に、同じように揺れるのを眺めていた。

麗しき口元、食は細い

前回までのあらすじ:「80円増し」という安さから、軽い気持ちで「麺2倍」にした食細いマン。目の前に現れたのはなんかハワイで流行ってるパンケーキみたいな代物で……?食細いマンの運命やいかに!!(つらい)— スケロク (@yuuskee) 2016年9月27日食べ終わ…

知らないということを知ること

勝手なイメージや憶測で語るのはよくない、という経験をした。何度も繰り返してるんだけど、なかなか学習できない。今回はありがたいことに、身近なところに関係者がいて教えてもらえたけれど、そんなのは偶然でしかない。 知らないことをもっと知りたい、い…

真っ赤に塗って嘘にした

「密室の恐怖実験」という映画のメインテーマをよく口笛で吹いている。キル・ビルの中で印象的な使われ方をしていた曲で、曲名を調べてびっくりしたものだった。 口笛は子供の頃、湯船に浸かりながら父親に教えてもらった。音が出るまで何日かかかったように…

「マージャンパイは押入れ 背広のうら」

古道具屋は面白い。誰かが使っていたものや新古品で流れてきたもの、それぞれの来歴に想いを馳せ、妄想し、耳と目を傾けることができる。耳を傾けすぎたせいで置き場所のない椅子や使いどころのない机を買ってしまうのも一興である。そういったものを掴まさ…

ポルカドットスティングレイ、その後。「骨抜きE.P.」と人魚MV

気づけば「テレキャスター・ストライプ」は100万回再生を越え、今や時のバンド「ポルカドットスティングレイ」。以前急いで書いた紹介記事がめっちゃ読まれたので嬉し恥ずかしでした。Facebookで紹介してくれた方々ありがとうございます。辿りようがねえ。su…

ヒマワリ/Helianthus annuus

列車にて遠く見ている向日葵は少年が振る帽子のごとし /寺山修司 少し前から、部屋に花を飾るようになった。きっかけは「例年にまして元気がない」という残念かつ至極切実な問題を解決するためのものだったけれど、試しに買ってきた百合の花がとにかく素晴ら…

言葉よりはやく気持ちより熱く夜を照らして消える花火に

100円で50本入りの線香花火を2セット買った記憶が蘇った

夏の終わり

森山直太朗さんの「夏の終わり」が好きで好きで、年中聞いている

Nachtmusik440

変な時間に、リアルな夢で目が覚めた。少し寒くなってきたからか、色々悩みが尽きないからか。どこまでが夢なのか、なんでこんな夢を見たのか。夢と現実を分別し、分析しながらお湯を沸かす。リアルよりもリアリティがある夢ってのは困りものである。日付と…

花火と花電車

葬儀がひと段落した時に、親戚から昔の話を聞いた。

おとむらい

朝、祖母が亡くなったと連絡が入った。粛々と身支度をして、新幹線に乗り込んだ。京都は「自分史上最強の私」とかそういうスローガンを夏が体現しているような暑さで、少しの距離歩いただけで汗が大量に流れた。 子供の頃、夏休みに祖母の家へ泊まりに行くの…

片想いが最高すぎて死にそう

片想いが切なくて、キュートで、面白くて、パーティで死にそう。

お祝いと呪いと、お祈りと。

かれこれ、10年ぐらい身につけていた指輪をなくした。いくつかの偶然が重なって手元にきたので、いつか偶然失ってしまうような気がしていた。10年持ったんだから大したものだと思う。毎日身につけているものや日課は、祈りに似ていて、次第に呪いの色を帯び…

歌舞伎NEXT『阿弖流為』を観た

うだるような暑さの、少し早い夏の日だった。 刺すような日差しの中、道でパイプ椅子に座り、分譲マンションの看板を持ったスーツ姿の男性は、地面を睨みつけていた。その足の貧乏ゆすりが、僕の視線に気づいて止まった。品の良い外国人観光客の老夫婦が、細…

戦場のフリージャズとオールドポップ「機動戦士ガンダム サンダーボルト」

ずっと楽しみにしていた「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の劇場上映を見てきた。「試験機が飛び交う戦場で、フルアーマーガンダムと高機動型ザクが激突する」というガンプラMSV世代(結構上の世代だ)狙い撃ちのコンセプトが軸となっているが、「MOONLITE…

暮らす/暮れていく日々とCRCK/LCKS

CRCK/LCKS(クラックラックス)には夜に聞きたい

ポルカドットスティングレイという2016年最重要バンドを観てきた(5/1、5/4)

ポルカドットスティングレイを見ましょう。今年一番重要なバンド。

スーファミと64とゲームボーイ、スプラトゥーンの話。

箇条書きでつらつらと。 スーファミと僕 スーパーファミコンが家に来た時のことは鮮明に覚えている。出す時の発泡スチロールが擦れる音まで覚えてる。まだ幼稚園に通っていた頃で、幼稚園面白くなかったけど帰ったらスーファミがあると思って頑張ってた。 あ…

魔法にかかるポップソング。シンガーソングライター・吉澤嘉代子のススメ。

ずっと応援している(単にずっと聞いているだけだが)シンガーソングライター・吉澤嘉代子のメジャー1stアルバムが明日発売なので記録として書いておく。 正直こんな記事無くても売れるし、どう考えても椎名林檎、相対性理論に並ぶ音楽的革命だと思う。 それ…