秋になると、果物は。吉澤嘉代子『残ってる』MV

9月、渋谷アップリンクで映画『少女邂逅』を見た。 「ムージックラボ」というイベントに出品されたもので、24歳の新進気鋭・枝優花さんの監督作である。瑞々しく、カメラワークが絶妙でとても美しい映画だった。その映画の中でも、格別な存在感を発揮した主…

King Gnu『Vinyl』

先日公開されたKing Gnu『Vinyl』という曲がたまらなくかっこいい。ヴィジュアルまでしっかりかっこいい。King Gnuは、東京藝術大学音楽学部でチェロを専攻していた常田大希(Gt.Vo.)を中心とした、井口理(Key.Vo.)、勢喜遊(Drs.Sampler)、新井和輝(Ba…

はだし散歩入門

コンビニでビールを買う。スマホを眺めて、帰り道に聞く曲を選ぶ。いつの間にかコンビニは日常に溶け込んでいて、携帯がなかった頃どうしてたかなんて忘れてしまいそうだ。音楽の好みはあまり変わっていないけれど、幅は広がっているのは豊かなことだと思う…

「音楽はいつだって黎明期である」浪漫革命の夏。

毎年、耳から夏がやってくる。今年の夏は「浪漫革命」という京都のバンドがおすすめです。加速するラブズ、YOOKsのメンバーが参加しているバンドなんだけど、まあ音が全て気持ち良い。soundcloud.comsoundcloud.com現在ライブ会場かHOLIDAY! RECORDSでしか音…

素朴な日常の話

思い立ち、夜行バスで東京へ向かうことにした。京都駅で時間を持て余してしまったので、本屋に寄り、気になっていた小説『本日は、お日柄もよく』を買う。むちゃくちゃ土砂降りだったんだけども。スピーチの原稿作成を手伝うスピーチライターの小説で、作中…

SMAP『SMAP 007 Gold Singer』を聴いた

店頭で観た時、ジャケットがブランキーの『C.B.Jim』っぽいなと思ったけど、今改めて見るとそうでもない気がする。SMAP 007アーティスト: SMAP出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント発売日: 1995/07/07メディア: CD購入: 1人 クリック: 117回この商品…

FKJ『French Kiwi Juice』に感じる、インターネットとHIPHOPの相性の良さ

FKJのファーストアルバム『French Kiwi Juice』がとても良いのでおすすめです。redbullスタジオの動画見るとわかりやすいんですが、あらゆる楽器使いこなしててかっこいい。www.youtube.comwww.youtube.com PUNPEEによるインタビューも読み応えがあって面白…

マスキングテープ

GINZAのおまけで、マスキングテープが付いてきた。小学生の頃、はじめてマスキングテープを買った。おしゃれな子供だったわけではなく、プラモデルを塗装する際、塗り分けるために購入したのだった。タミヤの黄色一色のものだったと思う。時は流れ海は枯れ、…

『大正義』と踊れ。ポルカドットスティングレイのsarcasticな夜

ポルカドットスティングレイのミニアルバム『大正義』がリリースされた。やっぱり2016年最重要バンドだったと思う。あれよあれよと人気が出て、ユニバーサルシグマ体制になり、さまざまなイベント、雑誌への露出も増えた。とっくにブレイクしている気がして…

hyukoh(ヒョゴ)の新譜が楽しみ

去年サマソニにも出てたhyukoh(ヒョゴ)の新譜が6月に出るらしい。楽しみ。hyukohは、1993年生まれのオ・ヒョク(Vo/G)、イム・ヒョンジェ(G)、イム・ドンゴン(B)、イ・インウ(D)による同級生バンドである。最近盛り上がっている韓国の弘大(ホンデ…

湯浅政明・上田誠『夜は短し歩けよ乙女』の長い夜

特典に釣られて『夜は短し歩けよ乙女』を公開初日に観てきたのだけれど、これが期待以上、遥か上空に最高だったのでみんな見てほしいという論旨です。京都に住んでいるのだけれど、より京都が好きになる。以下ネタバレを含むので、画像挟んでおきます。森見…

人生における雨の日は、Stephen Smithの『微温湯の雨』を聴こう

大学の友達がある日、くるりのCDを貸してくれた。「くるりは雨の日に聞くといいんだよ」とその友達は言っていて、その通りだなと雨の日に感じた。人生にはいくつも雨の日があり、雨の日に聴きたくなる曲をひとつでも多く持っておきたいところなので、僕もひ…

携帯電話が主役の作品『東のエデン』

連休中に、アニメ『東のエデン』を見ていた。これは神山健治監督による2008年のアニメで、荒いとは思うが大好きな作品の一つだ。今見ると911以降、311以前の空気感が見事にパッケージングされていると思う。知らない人に向けてざっくり説明すると、12人の「…

「ひとりぼっちよりもマシだから愛してる」FUKAIPRODUCE羽衣の良さについて

「ライブ行きたかった」という念を込めて。詳しい解説はないです。FUKAIPRODUCE羽衣という劇団は、枡野浩一さんのツイートで知ったのだと思う。 『作・演出・音楽の糸井幸之介が生み出す唯一無二の「妙―ジカル」を上演するための団体』とのことで、いや本当…

2月のソーダ割り

「雪の日はよう走らんですよ」と運転手さんが云う。 「まあでも、うちの会社は全車スタッドレス履いてますから」自慢気な運転手さんの言葉にへえすごいですねえと相槌を打つ。同じことをつい最近、他の運転手さんからも聞いたのだった。話しかけられるのが苦…

2016年に読んだ、良かった本

振り返ります。順番はランキングではないです。 しろうべえ書房『mochico』 吉田実篤『おるもすと』 内田洋介『Locket』 大森靖子「東京」 森博嗣Wシリーズ 中沢新一「熊楠の星の時間」 最果タヒ『きみの言い訳は最高の芸術』『夜空はいつでも最高密度の青色…

至高のポップソング、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ『かっぱえびせん』

ポップソングの理想はリピート再生が「やめられない、とまらない」ことなんじゃないか。そしてそれは、そのまま名コピー「やめられない、とまらない、かっぱえびせん」に通ずるものなのではないか。2016年の初ライブ時から「かっぱえびせんの来年のCMソング…

大童澄瞳『映像研には手を出すな!』が、設定資料好きにはたまらない漫画だった

「映像研には手を出すな!」が抜群に面白い。第1話がまるっと試し読みできるのでぜひ読んでみてほしい。spi-net.jpアニメ制作がやりたい設定おたくの高校一年生・浅草みどり、人物画が得意で同級生のカリスマ読者モデル・水崎ツバメ、お金大好きで弁の立つ切…

2017年は「パンパンの塔」を聴こうな

「パンパンの塔」というバンドをご存知だろうか。知らないという方にはまず「骨」という曲をおすすめしたい。テクニカルなことをやっているし洗練された音楽で注目すべき点は多いのだけれど、なによりその短編小説めいた歌詞の世界に引き込まれていく。「ラ…

2016年によく聴いていた曲

振り返ります。僕はどうにも1月から3月にかけてを「去年のおまけ」と捉えている節がある。 yahyel「Once」 Mammal hands「quiet fire」 downy「凍る花」 片想い「Party Kills Me (パーティーに殺される! )」 Nakamura Emi「YAMABIKO」 米津玄師「LOSER」 …

冬の結び目

自殺したミュージシャンのMCをBGMに削る文字数 「そんな日はいつでもいいから呼んでね」と試さないから切れない魔法 手のひらで踊るように溶けていく雪は死ぬのか生き返るのか 捕まえた指の先には秋の色 ジェラート・ピケのピケあたりから 包丁を研いで 革に…

まだ喉笛は燃えているか

悪い風邪を引いたみたいで、ずっと喉が熱い。小学生の頃、喉を焼いてしまって、一週間だけ入院していたことがある。声がうまく出せなくなった。治り切ったはずの今でも、どこか本当の声じゃない気がしている。子供の時分、入院生活は暇で暇で、テレビを見よ…

もっと力強い生活をこの手に

年末からこつこつと、密かに作っているものがあります。これをだせたらいいな。 今週のお題「2017年にやりたいこと」

うつりゆく季節と旬と「二人セゾン」春が来そうでさびしいだけ

「二人セゾン」いい曲ですね。 サビから始まり、日常の変化を歌うAメロから、美しい入りのBメロに耳を惹かれ、サビに回帰する。Aメロがカノン進行でBメロが小室進行、サビは王道進行という構成。季節の中でも秋から冬にかけての淋しさが感じられるのはAメロ…

プロフェッショナルに触れる

最近できたばかりの珈琲屋に行ってきた。センス溢れる外観なのに、やたらと尖った店名が目を引く。他にお客さんがいなかったので、店員のお姉さんとずっと話すことができた。まだ学生さんらしいんだけど、所作のひとつひとつがプロフェッショナルで嬉しくな…

左耳

イヤフォンがぶっ壊れているのを忘れていた。一度高級なやつを買ったものの、すぐ壊れてしまったので、なんとなく安いものを買って使っている。最近はiPhoneに付属してたやつをずっと使っていた。音楽は好きだけれど、移動中、仕事中に聴く音楽にそこまで音…

てろてろ/toykey punky

仕事を終えて外に出たら、息が白く染まった。冬が来たんだと嬉しくなる。息が白くなるのは子供の頃から大好きで、少し気取って歩いてしまう。水分は口からこんなに出て行くのだと思い出し、息はこんな形をしていたのだと思い出し、言葉がこんな色だったら良…

soratobiwo『シャンハイミー』がとても良い

大阪のロックバンド「soratobiwo(ソラトビヲ)」の曲「シャンハイミー」が、そのMV含めてとても良いんです。日本のシャンハイこと南京町で撮影されてそう。 カラフルなポップってまさにこの曲をいうんじゃないだろうか。それでいてテクニカルだしハイトーン…

サニーデイ・サービス@磔磔を観てきた(11/23)

観てきた。 傑作アルバム「DANCE TO YOU」のツアーライブに誘ってもらったので観に行ってきた。京都の老舗ライブハウス磔磔は、立地条件その他の影響で21時までしか音が出せない箱である。「昔は遅くからはアコースティックでやったりしていた」という曽我部…

絵のない絵本

昔書いた絵本原作が出てきた。 なるべく七五調にしていて偉い。